勝手に音楽史
懐かしの歌謡曲

物心ついた時には そこには音楽がありました。
たくさんの歌手、曲の中から独断と偏見で選んでみました。

歌手名 代表曲 コメント
坂本九 上を向いて歩こう

見上げてごらん夜の星を

ステキなタイミング
最初に好きなった歌手である。言葉がうまく出ないのに“さかもきゅう”と呼んでいたらしい。「上を向いて歩こう」は、いつも私の傍らにある曲である。
国民的な歌手で親しまれ、笑顔のステキな人でもあった。
御巣鷹山の飛行機事故さえなければ・・
倍賞千恵子 下町の太陽

さよならはダンスの後に
寅さんの妹“さくら”で有名な松竹の看板女優だが、歌手としても素晴らしい。気取りのないやさしさが伝わってきていた。
「さよならはダンスの後に」は、とっても大人の歌だった。
ザ・ピーナッツ 恋のフーガ

ふりむかないで

情熱の花
今でもカバーされて愛されている曲ばかりである。
双子ならではの抜群のハーモニー。そしてルックスとファッションはあこがれのお姉さま達であった。
ハナ肇さんと宮川泰さんが、よく可愛がっていたのを覚えている。
中村晃子 虹色の湖 しあわせが すむという〜♪このフレーズが私をとりこにした。ノリがよくてこの曲ばかり歌っていた。のちに「恋の綱渡り」でヒットを飛ばした。
水原弘 黒い花びら

君こそ命
3人ひろしと呼ばれたが、中でも一番魅力的な歌手であった。二枚目で歌が上手いのにもかかわらず、晩年は、不幸な日々だったらしい
伊東ゆかり 小指の思い出

恋のしずく

知らなかったの
三人娘の中で一番好きであった。英語の発音がいいと小学生ながら感じていた。どちらかというとボーイッシュなタイプだが、歌はしっとり系だった。
いしだあゆみ ブルーライト・ヨコハマ

あなたならどうする

砂漠のような東京で
友達の前で、初めて歌ったのが「ブルーライト・ヨコハマ」だった。
少女マンガに出てくるような美しい瞳と全部ひらがなの名前にときめいた。演技派の女優だが、紅白に連続9回出場の輝かしい実績を持っている。
小川知子 ゆうべの秘密

初恋の人
夜のヒットスタジオの前田武彦さんと噂があったり、モテるイメージが強かった。キュートな笑顔が忘れられない。
とても透明感のある歌声だった。
黛ジュン 天使の誘惑

夕月

恋のハレルヤ
当時、「天使の誘惑」のレコードは持っていた。
ショートヘアに原色のミニスカートの姿が目に浮かぶ。
実力と人気を兼ね備えた歌手であった。


                                       グループサウンズへ