アーティスト

代表曲

コメント

小椋佳

さらば青春

しおさいの詩

めまい

文学的な詞に興味を持った。NHK特集で本人を見たときはあまりにも普通の人で驚いた。
銀行員との二足のわらじは信じられなかったが、東大在学中から天井桟敷に出入りしていたと知ってなるほどと思った。

ふきのとう

白い冬

風来坊

春雷

学園祭で初めて聴いたフォークグループだった。
生の「白い冬」に鳥肌が立った。素朴だが私好みの曲も多かった。山木さんと細坪さんの違いがわかるようになったのは、ここ数年の事だ。

グレープ

精霊流し

無縁坂

朝刊

縁切寺

さださんよりもグレープ好きで。ということは吉田正美さんが好きだったのだろうか。
フォークでバイオリンは珍しかったが、「精霊流し」にはピッタリだった。のちに縁切寺見学に鎌倉まで行った物好きでもある。
「朝刊」は、ちょっと想い出があって言葉にならない。

五輪真弓

少女

冬ざれた街

煙草の煙

必修クラブは音楽部だった。得意げにお気に入りのLP「少女」を抱えて視聴覚室に入ったら顧問の先生がジャケットを見て「ごりんまゆみ?」と読み間違えた。まぁそんなものです。多感な時期に、体育すわりをしてじっと聴いていた私も少女であった。

りりィ

私は泣いています

この曲しか知らなかった。ハスキーボイスで妙に危なげな歌い方だった。その頃の私は、ベッドがなくて布団の上でよく泣いていた

丸山圭子

どうぞこのまま

ラジオの深夜放送で聴いてすっかり気に入ってしまった。
あの少し疲れたような感じは、なんだったろう。
でも、いい声だった。

N.S.P

夕暮れ時はさびしそう

さよなら

八十八夜

線香花火

音程差がないシンプルなメロディーと素朴で温かみのある詞だった。夕暮れ時はさびしそう〜♪ここのハモリは大好きであった。メジャーな曲しか知らないが今も熱心なファンが多く、天野さんが亡くなってから特にそれを感じた。元気なうちにもっと聴いておけばよかった。

小坂明子 あなた 小坂さんの雰囲気と詩の内容がマッチして非常にほんわかムードの曲だった。ピアノの弾き語りにあこがれた。
小坂恭子 想い出まくら 小坂明子さんとよく名前を間違えたが180度違う曲調だった。枕を涙で濡らす・・・そんな大人の歌にあこがれた。
因幡晃 わかって下さい この頃は深夜放送を聴いていたからだろうか。やけに寂しくて暗い歌ばかり印象に残っている。
若かったからいいけど、今だったら落ち込みそうだ。

  
         音楽トップへ                  ニューミュージックへ