斉藤哲夫 

      2009.2.8(日)  17時開演        今池  源

風が強い日曜日、地下鉄今池8番口で待ち合わせ友達ご夫婦と出かけた。
旦那さんのHさんは、源は初めてで、訊けば高2の時に斉藤さんのライブは
経験しているらしい。
行くともう玄関先(ホントの玄関だから初めての人は驚く)は長蛇の列で
混みあっているので外で少し待つ。
お馴染みの顔に見知らぬ方と皆さん、気合入ってますね。
相変わらず男性が多い。

斉藤さん、岡山、広島と3日連続のきついスケジュール
それもセルフカバーアルバム「spinachのキャンペーンも兼ねて
1年半掛けた自信作なので(ここを強調)ぜひとも多くの人に聴いてもらいたい
そんな思いが強いようだ。

1部 
セレナーデ / 斜陽 / 追放の歌? / この世に住む家とてなく / 淋しい気持ちで
それできっといい気分になれる / こんなはずじゃなかった 
くよくよするな (DONT'S THINK TWICE,IT'S ALL RIGHT) 
朝の雨(EARLY MORNING RAIN)


地味な曲が多いけど、じわりと響いてくる。曲名は何曲か自信がなくて
印象に残った歌詞から検索したというかカンニング。
くよくよするなは、永井宏さんの訳詞で最近のライブでは定番中の定番だが
ディランの曲でPPMも歌っていたとはいつだったかの拓郎のラジオで知ったのだった。

2部 さがみ湘さんピアノ
悩み多き者よ / グッド・タイム・ミュージック / 君が気がかり / グッド・モーニング
昨日・今日・明日 / 椅子の生活 / されど私の人生は / 甘いワイン
僕の古い友達 / 夜空のロックンローラー / あなたの船 / バイバイグッドバイサラバイ


すっかり御馴染みとなったさがみさんのサポートで、ガラリと雰囲気が変わる。
ポップなロックな陽気な感じ。
でも割とお客さんは大人しい。じっと聴き入っている。

ほとんど曲名も紹介しないで話の中心は先月発売された「spinach」の事。
なぜセルフカバーなのか
あの頃は不満があっても、時間がないとか費用がかかるとか、スタジオ借りるだけでも大変な
経費だったとか。

私も買うつもりでやってきたのだが、前会場で売れきれてしまったらしい。ガーン!
しょうがないので、マスターに注文しておきました(前払いで)

アンコール
いまのキミはピカピカに光って
もう春です(古い物は捨てましょう)

斉藤さんは、少し体調不良のようなので、ツーショットはあきらめて
さがみさんにツーショットをお願いする。なかなかの美男美女だ(自画自賛)
打ち上げもなかったので、そのまま帰宅した
そんなわけにはいかない私達は、近所の居酒屋へと消えていった。


            2009年2月9日 記