香林坊
  金沢駅
  特急 しらさぎ

気ままな旅日記    金沢 2008.8.12〜13

12日(火)快晴


敦賀までは乗ったことのある特急。女性3人でキャキャー言いながらの海水浴。あれから30年。
それから仲間で、二人だけで、大きなお腹で、それ以来はずっと北陸自動車道を利用してきた。
乗車中約3時間、音楽を聴いたり、景色を眺め、ぼんやりといろんな事を考える。
たまにウトウトしながらこのまま寝過ごしたらどうしよう〜起きなきゃどうぞこのまま・・・
できれば隣に誰もいない方がいい。穏やかに流れる、そんな時間が私は好きだ。
米原で電車の進行方向が変わるので座席を各自で逆向きに回転させる。
この時せっかちな人がいて、背もたれを倒したまま、前後を確認しないので引っかかって
私もそのとばっちりがきた。






金沢は以前からぜひ訪れてみたかった。めったに揃って旅行しない両親が出かけた場所。
城下町で日本的情緒があって、和菓子に海の幸が美味しいところ、兼六園に評判の21世紀美術館も
ある。

駅はとても立派で驚く。観光客も多い。バスが発達しているようで東口ターミナルには路線バスはもとより
各バス会社の高速バスの出入りが多かった。

香林坊あたりには食べ物屋さんも多いからそこで何かを食べよう。




大和デパート前で降りたものの、まったく方向がわからない。ビジネス街なので特にわからない。
ガイドブックの地図を開き109を基準にして片町方面へ歩いてみる。その途中でランチ休憩とする。
陽射しが強くて暑い。えっ、北陸って雪がよく降るところでしょ。聞いてないよ〜(やや古)
首に巻いているタオルも汗でびっしょりとなった。

旬の野菜スパセット。フリードリンクもついてお値打ちなセットである。
地元の会社員達が昼休みで大勢入ってきて混んできたので早々退散する。


もどる                        続く