大笹牧場
 霧降高原
 宇都宮へ

気ままな旅日記    日光 2010.9.4〜5

9月4日(土)快晴

今回の旅は、日光。ネットで知り合ったSさん二人と同じくネットで知り合ったGさんのお膝元へ遊びに行くことになった。
東京より東(北海道とTDLは例外)に行ったことのない私はとってもうれしい。
なんたって世界遺産「日光を見ずにして結構と言う事莫れ」と云われる位のところなのだ。
でも息子達の反応は、「栃木ってそんなマイナーなとこへ何しに行くの?遊び?泊まり?
モモの世話が誰がするの」と冷たかった。



名古屋駅で、名古屋のSさんと待ち合わせて7時15分発の新幹線のぞみに乗車する。
ゆっくり会うのは久しぶりだったので、道中、積もり積もった話で盛り上がった。
8時53分東京着。乗り換え時間が短く、9時発の東北新幹線に急いで乗り込もうとした。
目の前に来たのは、ポケモンが描かれた2階建ての車輌。聞いてないよ〜(古!)
MAXやまびこ?つばさ107号じゃないの?(実際は連結しているのだ)
取り合えず車輌に飛び乗ったものの、自由席がどこかわからない。二人でオロオロしていたら
親切な他の乗客が、車輌を教えてくれた。それでもそこまでたどり着くまで階段を上ったり降りたり
しながら車輌を移動しなくちゃ行けないので、とてもややこしかった。





10時には、宇都宮駅で大阪からのSさんと合流して、迎えにきてくれたGさんの車に乗り込み
日光宇都宮道路へ。
なんかとってものどかな感じがして、「これって高速道路?」と思わず尋ねてしまった。
霧降高原道路(以前は有料だったらしい)を通って大笹牧場へ向かう景色はとても素晴らしい。
特に六方橋から深い渓谷への眺めは圧巻だった。ちょっと怖いけど。
そのせいか写真はピンボケで失敗。。








ここで昼食。そして定番のソフトクリームを食べる。美味しい〜!
ゆっくり味わっていたら、垂れてきたクリームで手がベタベタに。
よく晴れているのに、標高のせいかとてもさわやかな気候で空気が美味しい。
あと牧場独特の匂いが、高原の少女(誰?)にはたまらない。
牛といえば、ホルスタインのイメージが強かったけど、見かけたのはどれもジャージー種だった。


ここで一曲

  ふと涙が出そうよ 風の中
     こだまに呼ぶ名前は
        あなたの好きな草原




戻る                               次へ