ペンションにて
 中禅寺湖 
 いろは坂

気ままな旅日記    日光 2010.9.4〜5

9月4日(土)快晴




登る時は第二いろは坂、下りは第一いろは坂と別々になってるを初めて知る。
カーブが多く後部座席の私はあっちにゆられ、こっちにゆられ
なんか喋ってないと車酔いしそうだった。
いつも思うけど、山道の運転で、ドライバーの腕がわかりますね。
私じゃきっとブレーキばかり踏んでしまう。
明智平展望台で、車を降り景色を眺める。遠くに華厳の滝も見えた。




男体山のふもとに広がる中禅寺湖が視界に入ってくると、わ〜!と気持ちが高ぶる。
白鳥の足こぎボートに静かな波が光り輝き、とってもロマンティック。いいわ〜
ペンションは、こじんまりしたアットホームなところ。お風呂の時間を予約して荷物を置き
すぐに湖畔を散歩する。
ちょうど夕陽が沈む時間帯で、やたらとカメラのシャッターを切るのだが、車に揺られていたせいか
平行感覚が鈍り、地平線が斜めになったものが半数ぐらいあった。

一眼レフをもってくればよかった〜と上手くもないのに後悔。






食事は、コース料理で肉も魚も出た。魚好きとしては(食べ方がだだくさだといつも夫に怒られてたが)
マスのムニエルが気に入った。これだけ撮影するの忘れた。
ワインも美味しいので食がすすむすすむ。

部屋に戻ってからも軽く呑んでいたら、[もう12時過ぎたよ〜!」と唯一素面の冷静な友達からのチェックが。
班長(誰やねん)からの最後通告だった。
酔うと時間の感覚がなくなるし、話もどんどんエスカレートする。
お開きとなり、今宵はこれで。おやすみなさい。
ク-ラーなしで寝るのはこの夏初めてだ。




戻る                   続く    2010.9.26記