奥飛騨温泉郷

何かのパンフレット見てたら。日本でも有数の露天風呂天国って書いてあった。
北アルプス山麓に広がる平湯・福地・新平湯・栃尾・新穂高の5つの温泉地のなかで
一番古くからあるのが平湯温泉である。最近は見かけないけど
綺麗な女性が湯船に浸かってうっとりしているCMがあった。
最後に奥飛騨温泉郷〜♪って女性の歌声が流れてくる。あれは結構インパクトがあった。


穂高荘 山がの湯

宿泊料金の割にはりっぱな宿で、料理も美味しかった。
仲居さんも気さくで親切だった。
建て増しか改築のせいか、ちょっと迷路のようなところもあって
私好みのレトロなものが飾ってあるコーナーもあったり
ちょっと不思議な宿だった。



温泉好きで元気のある関西のSさんは、宿の温泉に入る前に
わざわざ「ひらゆの森」という温泉施設へ出かけていった。
何でも原生林の中に岩風呂、檜風呂、露天風呂がいくつも点在して
500円で全部制覇してきたらしい。すばらしい!

残された私たち二人は、宿の温泉へ。さすがに温泉天国。非常に温まる。


旅の楽しみは地元の食材を食べる事。
どちらかというと海の幸が好きなんだけど、ここの飛騨牛は非常に柔らかくて美味しい。
しゃぶしゃぶよりと焼肉との両方で味わう。
一見卵焼き風のお豆腐も美味しい。

    近所のお土産やさんには懐かしいものが↑


満腹で部屋に戻って、さぁガールズトーク満開となるかと思いきや
もう寝ましょか〜って早っ!
奥飛騨の夜は更けていった。


戻る                     続き   平成24年12月23日記