気ままな旅日記    広島・宮島2013.10.5〜6

10月5日(土)曇りのち雨

広島へ

まだ暗いうちから朝食用のおにぎりを用意して、モモの散歩を済ませ
名古屋7時6分発の新幹線のぞみに乗り込む。
同行者はお馴染みのS子さん、大阪からはSさんも乗って来る。
かしまし娘の何回目の旅行だろう。今回は広島への旅。宮島瀬戸内ぐるりんパス
(大阪市内から・2名以上)を使って、大久野島(国民休暇村)、宮島へと足をのばす。


広島修道大学

広島といえば、拓郎が育ったところ(鹿児島生まれ)。母校、広島修道大学(旧広島商科大学)に
2008年に歌碑が建てられた。8月2日の除幕式に拓郎本人が出席するのではないかと多くのファンが集まった。
実際参加した友人も何人かいた。本当に拓郎は大学に現れた。うらやましかったなぁ。
そんな私の気持ちを知ってか知らぬか歌碑を見に行く時間も予定に入れてくれた。

「村崎さん、大学までの行き方調べてきたん?」
「ううん」と首を振ったら「あんたのために来たんやで〜」と言われてしまった(苦笑)
そこは“鉄子”であり、名ナビゲーターのSさん、ぬかりなく調べてきてくれた。感謝!


今日までそして明日から

山陽本線で1区の横川駅から広電バスで、修道大学まで約20分。降り出した雨は止みそうにない。
「歌碑ってハーモニーロードをずっと登っていくとあるみたい、それは私も調べてきた」と
自信もってずっと歩いてはみたものの、歌碑はない。
構内の案内板を見ても載っていない。
工事をしている人、喫煙室でただひとり煙草を吸ってる学生に訊いても知らない。
音楽が聞こえてきたのでそっち方面へも行ってみたが、全然違うようで。
最後に年配の用務員さんに尋ねたら、なんのことはないバス停降りたすぐ近くだった。
こういうのを灯台もと暗しというのか(苦笑)


歌碑は思ったより大きく、光沢があった。いろんな角度からじっくり眺め、何枚も写真を撮った。
最後に3人歌碑の前で整列し♪今日までそして明日から♪を歌ってきた。
土曜で学生はほとんど通らなかったが、見かけた学生はきっと不思議な場面に出くわしたと
思っているだろう。
金木犀の香りがあちこちに漂っていた。



昼食は広島駅のニュートーキョー。アルコールなし。カキフライを食べた。
宿泊先の大久野島まで早めに移動することにする





続く