気ままな旅日記    広島・宮島2013.10.5〜6

10月5日(土)曇りのち雨

呉線(瀬戸内さざなみ線)

大久野島へ渡る忠海(ただのうみ)まで、呉線1本で行けるのだが、時間短縮のため
いったん山陽本線で三原まで出て、三原から呉線に乗り換えた。
車中、S子さんが買ってくれたドラえもんの形をしたもみじ饅頭を食べる。
広島ならではのレモン味の白あんが入って美味しい〜。
三原はタコが名産。タコの干物は柔らかくておみやげとして好評だった。

雨で景色が煙る中、瀬戸内海に沿って走る呉線。
海のすぐ脇を走るところもありスリル感がある。以前越前海岸を走ったバスの旅を
思い出した。



大久野島国民休暇村

忠海港から船で12分。それほど大きな島ではないが私たちみたいな観光客が多い。
野生のウサギがたくさん生息している(700羽)ことでウサギ島としても有名。
過去には、毒ガスを製造していたこともあり、地図から消されていた島でもあったらしい。
国民休暇村の送迎バスでホテルまで直行するが非常にゆっくりしたスピードで進む。
ウサギが道路まで出てくる可能性も考えての事だ。
バスの中からウサギがいっぱいいるのが見える。お〜これほどとは!興奮する!



ウサギを極力野生のままの状態にするため、餌付けする場所は限られ、車の乗り入れも制限されている。
キャンプ場あり、釣り場あり、夏は海水浴場と自然に親しむには申し分ない。
私たちの目的はひたすらウサギと遊ぶ事。実際ウサギを飼っているS子さんが自宅から牧草と
生野菜を刻んで持ってきてくれた。
雨に濡れながら群れに近づき、餌をやり。ものすごい数のウサギが飛んでやってくる。
これほど多いとは!2度目の興奮!でも恐る恐る近づく。
うちの子が小学生の頃、飼育員でよくウサギの面倒をみてたのを思い出した。



夕食

ラドン温泉に入って、気持ちよくなったところで夕食。
バイキング形式。海のものが美味しいのはあたりまえだけど、蒸した野菜などもとても美味しかった。
素材が生きてるって感じかな。たくさん食べるぞ〜と意気込んでいたが
そうは食べられない。もう若くないからね。




ウミホタル

夕食後、宿泊客を集めてウミホタルの鑑賞会があった。
あらかじめグラスにつかまえてきたウミホタルが、ブルーに光るのを鑑賞するというのだ。
電気ショックを与えると、それはとても綺麗なブルーに光る。
まぁウミホタルにとっては、迷惑な話なんだけど(笑)
そのうち睡魔が襲ってきて部屋にもどるなり9時ごろ寝てしまった。S子さんもそう。
Sさんだけは、テレビを観てたみたい(笑)

  ということで、女子会の秘密トークはナシで寂しい夜だった。



続く               前の頁    2013.11.21記