タイトル 原作者・製作会社 コメント
鉄腕アトム

w3(ワンダースリー)

ジャングル大帝

バンパイヤ

リボンの騎士
手塚治虫
    虫プロダクション
バンパイヤは虫プロ商事)
なんといっても国民的アイドル「鉄腕アトム」を生んだ手塚治虫さんは神様みたいな人だった。あまり内容は覚えていないが、出てくるキャラクターは愛すべきものであった。
また「ジャングル大帝」は、国産では初のカラー化されたもので壮大なスケールだった。「バンパイヤ」は、実写とアニメの合成がうまくできていて夜トイレに行くのが怖いほどだった。
しばらく水谷豊さんは、バンパイヤのイメージがついてまわった。一番好きだったのは「リボンの騎士」のサファイヤ姫で、女の子にとってはたまらないキャラクターだった。
エイトマン 平井和正、桑田二郎
    TCJ(現エイケン)
背番号8のスポーツ選手を見ると思い出す。主人公の名前が東八郎だったのは覚えている。
スーパージェッター 加納一郎、久松文雄
    TCJ(現エイケン)
内容は覚えていないが流星号は人気があった。マッハ15のスピードはどのくらいの速さなんだろうと時々考えていた。
宇宙少年ソラン 福本和也、宮越義勝
    TCJ(現エイケン)
ソランは、森永製菓提供の関係でエンゼル号に乗っていた。さあいくぞ チャッピー みんなが 待っている〜♪元気が出る主題歌だった。
鉄人28号

魔法使いサリー

バビル2世
横山光輝
    TCJ(現エイケン)
グリコ グリコ グリコ〜♪当時はスポンサーを前面に出してきていた番組が多かった。(それも菓子メーカー)
鉄人をリモコンで操作しているのが、少年なのが面白かった。
サリーちゃんも好きでたぶん再放送鑑賞はアニメの中でも多いほうだと思う。最初の数回は「魔法使いサニー」だったらしい。
弟が好きで一緒に観ていたのは「バビル2世」だった。超能力ブームはこのころだったのだろうか。ヨミ・3つのしもべなど弟に言葉の意味を聞かれて困っていた姉であった。
ハリスの旋風 ちばてつや 
    Pプロ
主題歌の♪ドンガードンガラガッタの繰り返しは、インパクトが強かった。
主人公と名字が同じだけでジャイアンツの国松選手といつもリンクしていた。
マッハGoGoGo

おらぁグズラだど

ハクション大魔王

昆虫物語みなしごハッチ
吉田竜夫
    タツノコプロ
タツノコプロの作品は人気があった。「マッハGoGoGo」は世界各地を転戦してカッコよかった。「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン」はネットをの書き込みでよく使わせてもらっているのでハクション大魔王さまさまである。
みなしごハッチは、主題歌最後の「ハッチ〜♪」の歌声に泣いた。
オバケのQ太郎

パーマン

怪物くん
藤子不二雄
    東京ムービー
    スタジオゼロ
   
いつも盆踊りに行くとオバQ音頭が、かかっていた。
マラソンの高橋尚子さんよりも、石川進さんがオバQのイメージである。
一番好きだったのは、「怪物くん」でフランケンとドラキュラと友達になりたかった。
おそ松くん

ひみつのアッコちゃん

もーれつア太郎
赤塚不二夫
    東映動画
(おそ松くんはゼロ.CC)
のちの「天才バカボン」も大好きなのだが、赤塚ワールドは大好きな世界で、独特のギャグは私好みであった。
そして、♪アッコちゃんアッコちゃん 好き好き〜♪の「好き好きソング」も好きだった。自分がもう少し幼いと、魔法の鏡に向かって「テクマクマヤコン」ってやっていたに違いない。
サスケ 白土三平
   TCJ(現エイケン)
光あるところに影がある・・・のナレーションが印象的だったが内容はあまり覚えていない。
レベルが高いというか、私には不向きだったようだ。

アニメーション

確かテレビまんがと呼んでいたと思います。どちらかというと不得意な分野で内容があやふやです。
主題歌だけはしっかり覚えていますから観ていたのでしょう。

        勝手にテレビ探偵団































































                              TVトップへ              海外ドラマシリーズへ